埋没毛は医療脱毛で改善

埋没毛を予防する自己処理方法

意外なことで埋没毛予防となる

埋没毛の予防として最善の方法は、今すぐ自己処理を止めることです。埋没毛は間違った自己処理で毛穴を傷つけることが原因ですので、自己処理を止めれば皮膚を傷つけることもなく埋没毛がこれ以上増えることはありません。埋没毛も自分で処理せずに置いておくことが実は一番なのです。

また気をつけたいのがスキニーパンツのような肌にぴったりと密着したファッションです。スタイル良く履きこなすことが出来て人気ではありますが、ぴったりとした服は毛根に圧力がかかってしまいます。圧力のかかった部分のムダ毛が外に伸びることが出来ず内側に向かって生えてしまうということもあります。

<入浴中に自己処理をするなら>
自己処理自体を止めても、ムダ毛の悩みはなくなりませんね。自己処理をする時には埋没毛が出来にくいケアが大切です。半身浴などでしっかり体が温まっている時にシェービングをします。毛穴が十分に開いていて毛も柔らかくなっていますので、シェービングの時に毛穴にかかる負担も小さく傷もできにくいのです。この時つい便利だからと石鹸を使ってしまってはいけません。保湿効果の高いシェービングクリームを使うことで肌を労わりながら剃ることが出来ます。

入浴後に忘れてはいけないのが保湿です。自己処理をした後の肌は乾燥しがちですので、しっかりと保湿して肌を整えます。自己処理後に角質が分厚くなってしまうと埋没毛が出来る原因になってしまいますから、普段から保湿と定期的なピーリングが効果的です。尿素配合のクリームもおすすめです。保湿を日常的にしっかり行っていれば肌はふっくらと柔らかくもなりますし、毛穴の詰まりや古い角質のせいで埋没毛が出来ることも減らせます。

<埋没毛の一番の予防方法>
丁寧な自己処理をしていても、完全に埋没毛を予防することは難しいです。出来てしまった埋没毛の処理も大変ですし、うまく処理が出来ないと化膿したりと肌トラブルを引き起こすこともあります。

埋没毛を作らないための一番の方法は、やはり医療脱毛です。気になるムダ毛を永久脱毛してしまえば、これ以上埋没毛に悩まされることもありません。