埋没毛は医療脱毛で改善

埋没毛には医療脱毛が一番

埋没毛は自己処理でなく医療脱毛

<埋没毛を作らないムダ毛の処理方法>
自己処理を続けていても、埋没毛は良くなりません。間違った自己処理を続けることは、ムダ毛を処理して肌をキレイにしようとする行為のはずなのに返って症状を悪化させてしまうことにもなりかねません。肌や毛穴に傷をつけ続ける自己処理では、例えムダ毛を処理したとしても、毛穴が広がって目立つ原因になります。

黒いぶつぶつとした埋没毛を改善するためにおすすめの処理方法は、医療脱毛のレーザー脱毛です。医療脱毛をお探しならこちら。自己処理自体が、多かれ少なかれ肌にダメージを与える処理方法です。自己判断で処理を続けることは、埋没毛以外にも肌トラブルは常に付きまとう可能性があることです。毛が生えてくる限りずっと自己処理を続けるというのでしたら、肌や毛穴に優しい脱毛方法を選ぶことも長い目で見て大切なことです。

<埋没毛に効果的な医療脱毛>
医療脱毛では出力の高い医療レーザーを使用しています。この医療レーザーはメラニンの色に反応するため、皮膚の下に埋まったままの埋没毛にも効果があります。埋もれていても毛根を死滅させることが出来れば、埋没毛になっていた毛穴から毛が生えてくることはもうありません。

医療脱毛でレーザー照射をするとだいたい2週間くらいで毛は自然に毛穴から抜け落ちます。ですが埋没毛の場合は毛穴から抜けたとしても皮膚の下に埋もれたまま残ってしまいます。残ってしまった毛は、自己処理の時のように皮膚を破るか切るかして取り出すしかありませんので、すぐに対処したい時には皮膚科で処理をしてもらいます。

レーザー後に処理をするよりも、医療脱毛の施術を受ける前には、まず埋もれた毛を外に出しておくことです。アカスリ用のタオルでこする、スクラブ入りの石鹸でこすると埋没毛を作っていた表面の角質が落ちて埋没毛が出てくることもあります。日常的には肌の代謝を上げて再生を促すようにします。ふたをしていた角質が剥がれ落ちれば、埋没毛は自然と毛穴から出てきます。この毛は抜いたりせずにそのまま置いておいて処理は医療脱毛に任せましょう。