埋没毛は医療脱毛で改善

埋没毛の原因とメカニズムとは

埋没毛はどうして出来るの?

体毛は成長をして毛穴から出てくるのが通常ですが、何らかの原因で毛穴がふさがってしまうと毛が埋もれたまま皮膚の下で成長してしまいます。この毛のことを埋没毛と言い、間違ったムダ毛の自己処理で起こる症状です。

カミソリでの自己処理の時、きれいに剃ろうとして深剃りしたり、毛の流れに逆らった逆剃りすることは毛穴や皮膚を傷つける原因になります。また毛抜きで抜く時も太い毛の毛根が毛穴内部を傷つけ、広がった毛穴には細菌も侵入しやすくなります。間違った自己処理をすることで毛穴に傷がつくと、傷を修復しようとして肌には古くなった角質でかさぶたが出来ます。角質が分厚くなることで毛穴を塞いでしまうため皮膚の中で埋没毛となります。

処理の仕方にもよりますが、自己処理で埋没毛になりやすい部位があります。太くて強い毛の生えるすね、頻繁に手入れすることの多い脇、毛の生えるスピードが遅いビキニラインは特に埋没毛になりやすく注意が必要です。

<埋没毛によるトラブル>
埋没毛になると気になるのは、その見た目です。埋もれた毛が黒くブツブツとゴマ粒を散らしたようになってしまって目立ちます。また皮膚の下でムダ毛が伸びることによって、強いかゆみに悩まされることもあります。

この埋没毛はほっておくうちに、成長して皮膚を突き破って出てくることもあります。出てこられないムダ毛は長期間放置すると、色素沈着を起こすこともあります。傷ついた毛穴から炎症を起こすこともごくまれにあり、ひどくなると毛嚢炎になってニキビのように赤く腫れ上がります。

針や毛抜きでほじり出すことも出来ますが、自己処理よりも皮膚をひどく傷つけてしまうことになります。処理をした後の傷口から雑菌が入れば炎症の原因や色素沈着の原因にもなりますし、次に生えるムダ毛も再び埋没毛になる可能性は非常に高くなります。